アンプ > パワーアンプ > Nmode/hina 1bitステレオパワーアンプ X-PW1-SE(吉田苑モデル)
 
 
 
前の商品 Nmode/hina 1bitステレオパワーアンプ X-PW1-SE(吉田苑モデル) 次の商品
 
 
Nmode/hina 1bitステレオパワーアンプ X-PW1-SE(吉田苑モデル)

拡大 ( Size : 44 kb )
 
価格 : 82,000円 (税込)
ポイント : 820
数量
 
 合計金額3万円以上は配送料無料
 
 
 

Nmode 新型1bitパワーアンプ X-PW1-SE 



吉田苑のチューニングモデルです。



SACDや最近の流行であるDSDと同系の方式で、真のデジタルアンプと呼べる、1bitアンプの吉田苑チューンモデルです。年末ぎりぎりにやっと入荷しましたので、ちょっとがんばってみました。

久しぶりのNmodの1bitアンプの新製品X-PW1ですが、製品版を確認しまして、今回はプチチューングとすることにしました。

お手頃価格のアンプですが、素性は大変しっかりしています。

低域の量も重さも小さな見かけによらずまずまずありますし、現行のX-PM2と比べてはもちろんですがPM2Fと比べても、より低域方向に安定度の高い音を意識した作りになっています。

今回のチューニングは、低域の安定感を損なわずに全体の情報量を増やす、更なる滑らかさを目指してみました。真空管アンプにも似た、中音域の分離のよさは、1bitアンプならではの特徴です。よりその部分が綺麗に出る様なチューニングを行ってみました。

 

まずは電源部の見直しを図りました。

低ESRのコンデンサーを使用し、ノーマルより電源部のインピーダンスを低く抑えました。

入力側には、デジタルオーディオ機器に最適な、銅箔ポリプロピレンフィルムコンデンサーを使用し、位相をに気を使っています。

合計8個のコンデンサーを高音質コンデンサーへの交換を行い、更に1個要所に追加しています。 今回は、クロック交換を行わず、このクラスの量産機では通常使用できない、良質な部品を使用しました。

部品も試聴を繰り返しながら、使用箇所に合った選別した部品を使用しています。

シンプルなアンプだけに、沢山の改造箇所はありませんが、基本に忠実なチューニングを行いながら低コストに押さえております。

1bit方式はデジタルアンプの中では唯一無二の方式です。

よりこのアンプの持つポテンシャルを楽しんでいただければと思います。



更に詳しく、試聴記は下記のページをご覧ください。




http://www.yoshidaen.com/nmode-x-pw1-se.html



Copyright © 吉田苑|公式オンラインショッピングサイト All Rights Reserved. 092-522-5663
商号名 : 吉田苑株式会社   代表 : 吉田修一
個人情報保護ポリシー 個人情報担当者 : 吉田 修一  特定商取引に関する法律に基づく表示
事務所の所在地 : 福岡市中央区那の川2丁目9-30